toggle
2018-01-30

フィリピンからの帰国搬送・福岡国際空港よりー民間救急らかん・福岡


民間救急らかん[帰国搬送]報告

今回は、海外から帰国される方の搬送です。
利用者様は国際結婚されており、奥様はフィリピンの方でした。
お二人は元々北九州方面にお住まいですが、新年を奥様のふるさとで過ごそうと帰郷の旅を楽しんでおいででした。

そんな中、ご主人が体調を崩されご入院、さらには呼吸器が必要となり、予定を切り上げて帰国する運びとなりました。

国際線で寝たきりの方の搬送は制限区域内に入って他の乗客全て降りた後に患者様をお連れします。
その為の打ち合わせやコーディネートなど打ち合わせを行います。

現地からのフライトの手配と、ドクターと看護師がご同行しながら連携して搬送を行いました。
何よりも患者様のコンディションが心配されますが、車両に乗せる為には空港スタッフ様との連携を大切にしながら安全に手際よく行う必要があります。

積極的なお手伝いをして下さったJALのハンドリングスタッフの皆様、フィリピン航空のスタッフ様の患者様への温かい配慮の元に無事に車両へとお乗せする事が出来ました。

現地からのドクターとの通訳をしてくださった奥様のおかげもありまして、無事搬送を終了する事が出来ました。

ありがとうございました。

 

■民間救急らかん【サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかん【介護タクシー+介助サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかん【活動報告一覧】はコチラ>>>


■民間救急らかんTOPページへ>>>

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください。
様々な実績と経験をもとにご相談内容に合わせた、ご提案でお応えさせて頂きます。

■メールでのお問い合わせはコチラ>>>

    ■民間救急らかん TEL 0120-13-9984 

24時間対応

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です