toggle
2019-01-17

転院搬送・140kgを超える体格の良い方もー民間救急らかん・福岡


民間救急らかん[転院搬送]報告

今回は、脊髄を司る骨格の変形により体が思うように動けなくなり、手術とリハビリの為の転院搬送です。

今回のお客様は、いわゆる体重がかなり重たい利用者様でした。

最初に救急車で搬送された病院では原因を突き止める事が出来ず、医師からの紹介を経てさらに高度な技術を持つ病院へと転院され、原因が突き止められました。

この部位に関する手術に関しては、さらに専門の病院で行うべきだと判断された為に転院となりました。

通常は病院所有のドクターカーにて搬送されるのですが、他の転院と重なり対応が出来ないとのことで当社へご相談頂きました。

一番問題となるのは、病院のベッドからストレッチャーへの移乗です。

利用者様は自身では動けないので、私たちが何らかのサポートを行い、移乗する必要があります。

そこでスクープストレッチャーを使用して移乗する事になりました。

おおよそ140kgという体格では、ストレッチャーによっては対応できないものもあります。

当社の救急車タイプ車両のストレッチャーは範囲内ですので、こちらで3名体制で対応する事に。

出来るだけ移乗の距離も少なく、かつ車両へすぐにお連れ出来るようにセッティングして搬送しました。

まだお若い今回の利用者さま。

お母様が心配そうに色々と話をされながら、約1時間の搬送を無事に終える事が出来ました。

今回のような方の全てのケースで可能とは言えませんが、当社で対応させて頂いた方だと、最大200kg超えの方まで対応した実績がございます。

お困りの際には、ぜひ「民間救急らかん」へとご相談頂けたらと思います。

 

■民間救急らかん【サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかん【介護タクシー+介助サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかん【活動報告一覧】はコチラ>>>


■民間救急らかんTOPページへ>>>

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください。
様々な実績と経験をもとにご相談内容に合わせた、ご提案でお応えさせて頂きます。

■メールでのお問い合わせはコチラ>>>

    ■民間救急らかん TEL 0120-13-9984 

24時間対応

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です