toggle
2018-09-15

福岡から大阪まで長距離転院移動サポートー民間救急らかん・福岡


民間救急らかん【長距離移動サポート搬送】報告

今回は移動サポートのご依頼です。

福岡県京都郡の病院から大阪市の病院まで、新幹線を利用した転院搬送です。

利用者さまは、九州旅行中に交通事故に遭い脊椎損傷となり、全身麻痺です。そして人工呼吸器、酸素が必要な上に吸引も必要な方でした。
コミュニケーションは可能ですが、気管切開を行っている為に声が出ません。

この方を福岡県京都郡の病院から大阪市の病院へ連れて行ってもらえるかとのご相談を頂きました。

移動サポートの事前準備

今回はいくつか課題のある搬送です。
移送にはバイタルチェックはもちろん吸引・酸素・呼吸器管理・水分摂取などが必要であったため看護師の手配が必要です。
今回の患者さまは体格の良い男性であったため、その点を考慮し男性看護師を添乗させました。
もう一つの課題は、首に固定具が付けてあり、ある一定の角度を保たなければ患者さまが辛い・水分補給の際には40度が望ましいなど、細やかなセッティングが必要でした。
この点と酸素や他資機材が多い事から男性看護師に加え介護士をつけ、2名が新幹線に添乗して対応しました。

今回は患者様の奥様と娘様のご家族2名に同乗して頂きました。
お二人とも心配の様子でした。

小倉駅から新大阪駅まで新幹線利用の搬送

福岡県京都郡 小波瀬病院を出発して小倉駅へ向かい、予定通りの時間で無事に新幹線に乗ることが出来ました。
新幹線では多目的室を利用します。

多目的室では病院のベッドのようにはいきませんので簡易的に首の角度を調整しました。
移動中も揺れによって角度がずれますので目が離せません。
その間に看護師が呼吸器管理やバイタルチェックを行いました。

関西メディカル様との連携

新大阪駅からは関西メディカル民間救急様との連携での搬送を行いました。
関西メディカル様からは社長様と救命士さん2名体制で対応頂き、見事にストレッチャーへの移乗を瞬時に対応して下さいました。
慌てることもなくお互いの息がぴったりと呼応し、動く、止まる、声掛け、安全確認を、全く怠らない。基本中の基本でしょうが素晴らしかったです。首周りの事も充分に配慮していただき、ホーム内の点字や凹凸を通る際はゆっくりと持ち上げてガタガタとしない様に安全に移動して下さいました。

多目的室には患者様のみならず、資機材はもちろん、呼吸器に酸素がつながれたいたため、患者様の負担にならないよう注意が必要でした。

新大阪駅からは約20分程度で目的地である医誠会病院へ無事に到着する事が出来ました。

連携・協力いただきました、トータルナーシングサービス(民間救急・在宅看護・イベント救護・旅行同行)様 、関西メディカル民間救急 様

ありがとうございました。

長距離搬送にはトータルでのコーディネートが必要です。

お問い合わせを頂きましたらお見積もりを致します。

■民間救急らかん【サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかん【介護タクシー+介助サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかん【活動報告一覧】はコチラ>>>


■民間救急らかんTOPページへ>>>

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください。
様々な実績と経験をもとにご相談内容に合わせた、ご提案でお応えさせて頂きます。

■メールでのお問い合わせはコチラ>>>

    ■民間救急らかん TEL 0120-13-9984 

24時間対応

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です