toggle
2017-12-08

自宅からかかりつけ医までの搬送-民間救急らかん・福岡


民間救急らかん【病院搬送】報告

お電話は朝一番にいただきました。

腰が痛くて動けないうちのおじいちゃんを、かかりつけ医に見せたいとの事。

現地に早速駆けつけ、様子を伺います。

お聞きすると「認知症だから本当に痛いのか、どこが痛いのか分からなくて困ってます。」との事です。

少しお話ししましたが、病院へ行くことにはあまり納得はしていない模様です。

なんとかスクープストレッチャーにて、痛みのない様にすくい上げ、毛布を掛けて玄関先のストレッチャーへ乗せたら車両へ。車内でも楽しい会話を続けながら、病院へお連れしました。

するとドクターより、病院で検査入院した方が良いでしょうということになり、そのまま帰社せずに病院へ向かいました。
何とか病院へお連れできました。

御年90歳ですが、体格の良い方で、とてもご家族ではお連れできないとの事でご依頼を頂きました。

■お問い合わせを頂きましたら、お見積もりを致します。

ご了承を得て搬送が決定致します。

■民間救急らかんの【サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかんの【介護タクシー+介助サービスご案内】はコチラ>>>

■民間救急らかんの【活動報告】はコチラ>>>


ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください。
様々な実績と経験をもとにご相談内容に合わせた、ご提案でお応えさせて頂きます。

■メールでのお問い合わせはコチラ>>>

    ■民間救急らかん  TEL 0120-13-9984 

24時間対応

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です