toggle
2020-02-06

外出支援サービス|結婚式への看護師付サポート介護・介助実例


「大切な家族の晴れの舞台に父親として参加したい。」

私達も約一年ぶりとなる結婚式の介添えに一緒にお共させて頂きました!

「結納に行けなかった事ですごく落ち込んでいたから、結婚式には是非参加できたら..。」と奥様がお話しをして下さいました。

 

外出許可は担当医様と綿密に打合せ

当社らかんスタッフにとって、移送中の対応、会場での対応が重要になってきます。

一日の外出になる事もあり、医療行為の確認や式の時間の確認など事前に病院で打ち合わせを致しました。

打ち合わせの時には、病院の医療従事者様、家族様、移送担当が連携する事でより万全の体制を整えていく事ができました。

外出の許可は、お医者様から当日判断になるという指示もありましたので、患者さまにとっても不安が沢山あった事だと思います。

そして迎えた当日でしたが、式の参加は見送り、出席時間を遅らせて披露宴から参加するという外出の許可がおりました。

体調によっては、式途中で帰ってくるようにとお医者様の指示もありました。

 

看護師による医療行為対応も準備

病院出発時から、当社看護師がお付き添いしました。

車内の移動時は、なるべくお体の負担を軽減できるようにストレッチャー、披露宴にはリクライニング車椅子で出席できるように準備しました。

酸素投与が必要でしたので、病院から予備ボンベも多めに準備されていました。(当社でも準備できます)

最後まで新郎の父親として式に参加できた事に涙ながらに私達に感謝の言葉をかけていただきました。

そして、最後に病室のある病棟へ入られた時に病棟看護師様に向けてガッツポーズで凱旋されておりました。

その様子に皆さんも共に嬉しそうな、あたたかい雰囲気に。

 

病院スタッフ様も笑顔に

病棟スタッフ様からもお礼の言葉を頂きました!

それはいつも患者さまの事を考えてお手伝いしてくださった皆さまの協力の賜物に他なりません。私達が望む、皆で患者さまの想いに共感しているからこそできるサポートでございます。

当社らかんスタッフにとっても、患者さまの大事な人生の一コマのお手伝いができたことにこの仕事の更なるやりがいを感じます。

そして、この外出が患者さまの自信に繋がっていくことができたらと思います。

 


当社・民間救急らかんでの外出支援サービスは、結婚式だけではなく、葬儀、お墓参りなど、そして嬉野温泉への宿泊旅行も対応しております。

検討したい、話を聞いてみた方がおられましたらお気軽にご相談ください。

■民間救急らかんTOPページへ>>>

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください。
様々な実績と経験をもとにご相談内容に合わせた、ご提案でお応えさせて頂きます。

■メールでのお問い合わせはコチラ>>>

    ■民間救急らかん TEL 0120-13-9984 

24時間対応

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です