toggle
2019-12-28

JCHO南海医療センター移転|患者搬送サービス業務の移送実施


新病院移転に伴う患者約140名移送の搬送業務

今回の搬送業務は、病院の新築に伴い「古い病院」から新設された「新しい病院」へ入院されている患者さまを移送するという業務です。

場所は大分県佐伯市にある地域拠点病院のJCHO南海医療センター様。

移転に伴う、総勢約140名の患者移送を午前中に行うと言う極めて多忙な搬送業務。

歩行が出来ない寝たきりの方や車椅子の患者さま約90名は搬送車で移送となりました。

■搬送車

・高規格民間救急車2台

・大型福祉タクシー1台

・病院送迎車4台

の合計7台で搬送業務を実施。

分担は、寝たきり・重症患者様が高規格民間救急車。寝たきりの方が、大型福祉タクシー。車椅子の方が、病院送迎車。

約4時間の間に患者さまを全て無事に新病院へお連れする事は、分刻みで指揮をとりながらの移送業務となりました。

 

病院移転搬送サービス業務には綿密な事前計画と連携が必須

民間救急らかん開業以来この様な業務に何度も参加させて頂いておりますが、多くの患者さまを短時間で一度に搬送したのは初めてで、高規格民間救急車2台で18名を搬送する業務となりました。

時間内で搬送業務が無事に終わる為には、病院さまと関係業者さまとの綿密な計画はもちろんのこと、協力して頂いている民間救急・福祉タクシー事業社さまとの強力な連携が必須でした。

また、我々福岡県の事業所が県外に於いて福岡県に全く入る事のない搬送では事前に運輸局への書類申請などやらなければならない事が沢山あります。

JCHO南海医療センターの皆様、今回は本当にありがとうございました。

 


■民間救急らかんTOPページへ>>>

ご質問、ご相談などお気軽にお問合せください。
様々な実績と経験をもとにご相談内容に合わせた、ご提案でお応えさせて頂きます。

■メールでのお問い合わせはコチラ>>>

    ■民間救急らかん TEL 0120-13-9984 

24時間対応

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です