toggle

故人とご家族に寄り添った「羅漢」の葬儀の進め方


「羅漢」の気持ちに寄り添う葬儀の進め方

葬儀日程の基本

①日程調節の前に知っておきたいこと

法律では、お亡くなりになってから24時間以上経過しなければ火葬ができません。

火葬場に到着する時間に対して亡くなった時間より、24時間必要です。

もし、24時間後が火葬場の受付時間外である場合には、翌日に延期する必要があります。

仮に皆様が早く葬儀を終わらせたい場合には、上記の点を注意してご逝去なさった時間から計算致しますので、ご相談ください。

②お寺様のご都合を伺います

お葬式でお寺様など、宗教者様をお呼びする場合には、予めお客様が希望する日程に合わせていただけるかどうかをお伺いしなければなりません。

土日や祝日などは、49日や年回法要などの予約も多い為、日程や火葬時間の調整が必要となる場合がございます。

③ご家族様のご希望を設定します

ご遺族様はもちろんのこと、ご親族や自立したお孫様など、遠方にお住まいの方々が駆けつけることが出来る時間を設定するために、

何名様ほど、親族の皆様もどのあたりの方まで呼ぶのか…などで、日程を延期する必要があるかもしれません。

④火葬場の空き状況を確認します

火葬場は地域によって、1日に受け入れ可能な件数や予約可能な時間、方法が異なっております。

いずれにせよ皆様が希望する火葬時間が、予約可能なのかを調べてから日程の最終決定を致します。


羅漢では、このような事をご案内してから日程を決めて参ります。

ご葬儀のことでご不明な点があれば、どんなに小さなことでも私達にご相談ください。

別れの時間をゆっくり過ごされたい方へ

大切な方が亡くなられて、少しでもお見送りの為の、心の準備の時間が必要…それは当然のことだと思います。

以前、ご主人様が突然亡くなられ、「羅漢」にご連絡を下さった奥様もそうでした。

そこで私達は、あるご提案をさせていただきました。

通常のお葬式では、葬儀の流れは以下の様になります。

ですが今回は突然の訃報を考慮し、お通夜を翌々日、葬儀を3日後に行うこととなりました。

1日はせめて自宅で故人様を見守りたいという、ご家族様の思いでございました。

突然のご逝去という事もあり、多数の参列者が予想される事からお通夜並びに葬儀は斎場にて執り行うことと致しました。

ご家族様には、とても喜んでいただくことが出来ました。

長時間の葬儀になると費用のご負担も少し増えますが、心ゆくまで大切な方とのお別れが出来ることは何よりとお考えのようでしたので、問題なく進めることが出来ました。

■ご参考までに…(追加分の費用・消費税別)
ドライアイス2日分     ・・・・ 12,000円
ご尊体処置         ・・・・ 30,000円
霊柩車(自宅→斎場 13k)・・・・ 15,300円

それぞれのケースによって追加されるものが変わってきます。


こういったケースのように、「羅漢」では、お客様の要望に合わせ、それぞれのお気持ちに沿ったご提案を致します。

ご葬儀のことでしたら、私達「羅漢」スタッフに、何なりとご相談ください。

■福岡県糸島市にある地域と繋がる「まごころ葬儀・羅漢」詳しくはコチラへ>>>